JAQUES MORELENBAUM, PAULA MORELENBAUM & GORO ITO

Aug 3, 2014

ジャケス・モレレンバウム、パウラ・モレレンバウム&伊藤ゴローBLUE NOTE TOKYO LIVE

ブラジル音楽を進化させ、人々にその魅力を伝え続ける3人が東京で集う

GORO2

ブラジリアン・ミュージックの現在を追求する3人-ジャケス&パウラ・モレレンバウムと伊藤ゴロー-が初共演。ジャケスはジスモンチからスティングまで、多くの共演歴を誇るチェロ奏者。パウラは伸びやかな歌声、卓越した表現力でコーラス・グループで活動後、ソロ・デビュー。二人は結婚後ジョビンの “バンダ・ノーヴァ”、坂本龍一とのユニット“Morelenbaum2/Sakamoto”で活動を続けてきた。ゴローは“naomi & goro”やソロ活動のほか、昨年ブラジルディスク大賞受賞の『ゲッツ/ジルベルト+50』のプロデュース、5月にリリースされた原田知世『noon moon』への楽曲提供、プロデュースなども行うボサノヴァ・ギタリスト。昨年末は3rdソロ・アルバム『POSTLUDIUM』を発表した。3人の共演は、ブラジル音楽の魅力を改めて幅広いファンに伝えるはずだ。

DATE & SHOWTIMES
2014 8.3 sun.
[1st]Open4:00pm Start5:00pm 
[2nd]Open7:00pm Start8:00pm

MEMBER
Jaques Morelenbaum(cello) ジャケス・モレレンバウム(チェロ)
Paula Morelenbaum(vo)    パウラ・モレレンバウム(ヴォーカル)
Goro Ito(g,vo)        伊藤ゴロー(ギター、ヴォーカル)
Keita Ogawa(ds,per)    小川慶太(ドラムス、パーカッション)
Eiichi Sawado(p)      澤渡英一(ピアノ)