「しろ」と出会う、音楽と朗読の会

16 Apr. 2016

「しろ」と出会う、音楽と朗読の会 : 浜島直子、アベカズヒロ、平澤まりこ、伊藤ゴロー

4月下旬に阿部はまじ・作、平澤まりこ・絵による絵本『しろ』(ミルブックス)を発表します。色とめぐりあう旅に出た「しろ」の物語、絵本『しろ』の世界をより楽しんでいただくために、音楽と朗読の会を開催することにしました。著者の3人、浜島直子さん、アベカズヒロさん、平澤まりこさんのお話と、3人が大好きな音楽家・伊藤ゴローさんによるギター演奏、そして伊藤ゴローさんの音楽と浜島直子さんの朗読の共演も。当日は一般発売に先駆けて、どこよりも早く『しろ』の先行販売とサイン会も開催します。ご来場お待ちしております。

◎日時:2016年4月16日(土) 13:30開場 14:00開演
公演は15:30終了予定で、終演後に絵本『しろ』のサイン会を行います。

◎会場:北とぴあ ドームホール
〒114-0002 東京都北区王子1-11-1 

http://www.hokutopia.jp

東京メトロ南北線 王子駅 5番出口 直結、JR京浜東北線 王子駅 北口 徒歩 2分、都電荒川線 王子駅前 徒歩 5分

◎出演:
浜島直子、アベカズヒロ、平澤まりこ、伊藤ゴロー

◎料金:1名2,000円(税込)
当日、会場受付時に現金でお支払をお願いします。
お子様料金は設定しておりません。1座席分の料金となりますので、お子様が膝の上でご鑑賞いただく場合には1名分の料金とさせていただきます。

◎ご予約方法:2016年3月5日(土)午前10:00からメールで受付します。
3/5午前10時以前のメールは無効となりますので、ご注意ください。
メール(ミルブックス) millebooks@outlook.jp

*件名を《しろ予約》、本文に《お名前、予約人数、連絡先電話番号》をご記入の上、送信ください。
*3日以内に入場整理番号を返送します。メールから3日経っても返信がない場合はお手数ですが、電話03-3311-3503(ミルブックス)までご連絡ください。
・当日は番号順でのご案内となります。終演後の『しろ』サイン会も、この整理番号順でご案内となります。
*いただいた内容は本イベントに関する連絡以外には使用いたしません。

◎お願い事項
・ご予約後のキャンセルはご遠慮させていただいております。当日ご来場されない場合は、後日代金のお振込のお願いをしますので、何卒よろしくお願いします。
・静かな公演内容となりますので、静かにご鑑賞いただきますよう、ご協力をよろしくお願いします。
・サイン会は当日、絵本『しろ』を購入した方を対象とさせていただきます。

★本公演に関するお問い合わせ
ミルブックス 担当:藤原康二
〒166-0016 東京都杉並区成田西1-21-37 #201
電話 03-3311-3503 メール millebooks@outlook.jp

0416portraitcol  shirohyoushiweb

・阿部はまじ
モデルの浜島直子と映像ディレクターのアベカズヒロによる夫婦での創作ユニット。著書に『森へいく』(集英社)。浜島直子は、同世代の女性から支持を集め、そのライフスタイルも注目されている。集英社「LEE」専属モデル、NHK総合「あさイチ」、TBS「暮らしのレシピ」、bayfm「Curious HAMAJI」パーソナリティーなど幅広く活動。アベカズヒロは、広告代理店のCMプランナーを経てフリーランスの映像ディレクターとして活動。CM多数、NHK短編ドラマ「リボルバーズ」など。

・平澤まりこ
イラストレーター。東京生まれ。広告、雑誌、装画などを手がける他、国内外問わず気になる人や街を訪ね、絵と文章を用いて本を制作している。著書に『旅とデザート、ときどきおやつ』(河出書房新社)、『イタリアでのこと~旅で出会ったマンマとヴィーノとパッシオーネ』(集英社)、『1カ月のパリジェンヌ』(主婦と生活社)、『ギャラリーへ行く日』(ピエブックス)、絵本『森へいく』(集英社)など。

・伊藤ゴロー
青森市出身の作曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、音楽プロデューサー。伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム『ランデヴー・イン・トーキョー』が2015年ブラジルディスク大賞2位を受賞。ソロ活動以外に、ボサノヴァ・デュオnaomi & goroや、映画・ドラマ音楽も手掛ける。原田知世『恋愛小説』『noon moon』、『ゲッツ/ジルベルト+ 50』(2013年ブラジルディスク大賞受賞)他のプロデュースや、原田知世との歌と朗読の会『on-doc.(オンドク)』など、多方面で活動。

◎しろ 
作・阿部はまじ 絵・平澤まりこ
ミルブックス 定価(本体1,500円+税) 4/21発売予定 
ISBN978-4-902744-81-1 C0771

このままでは いけないのかな
しろは くろに なってみた

・ストーリー
「色」とめぐりあう旅に出た「しろ」。いろんな色の仲間たちと出会い、形をどんどんと変えていったしろだったが、その色だけは変えることをしなかった。そんなある日、くろい犬と出会った。自分とは正反対のくろに惹かれたしろは、はじめて自分の色を変えた。だけれど、何かが違ったんだ。

モデル・浜島直子と映像ディレクター・アベカズヒロの創作ユニット「阿部はまじ」と、イラストレーター「平澤まりこ」による絵本。すべてひらながで書かれた、わかりやすく小さな子どもが楽しめる内容ながら、「自分とは何なのか」を考えるきっかけをくれる深い物語で、大人にこそ響く絵本です。銅版画の美しい絵と、白の箔押しを施した特別な装幀と相まり、ずっと手元に置いて事あるごとに何度も読み返したくなります。シェル・シルヴァスタインの『ぼくを探しに』『おおきな木』に匹敵にする名作が完成しました。