手紙社 表現の学校「ハード・(フライ)デイズ・ナイト」

12 Aug, 2016

http://tegamisha.com/56861

伊藤ゴローさんからのメッセージ
「ビートルズに理論なんてナンセンスと思う人もいるでしょうが、掘り下げます。徹底的にアナライズします」

大英帝国、いや、世界が誇るポップグループ・ビートルズ。ファブフォー(すばらしい4人組)という愛称も持つ、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターからなるビートルズは、その呼び名が指すとおり、4人全員が楽曲を書くソングライティング集団でもあります。わずか10年足らずの活動期間に彼らの手によって残された珠玉の211曲の中には、世界中の誰もが一度は耳にしたことのあるメロディが数曲はあるはず、といっても過言ではありません。

一方で「ビートルズのメイン・ソングライターは誰?」と問われれば、レノン・マッカートニーの2人を挙げることに異論を唱える人もまた、そうはいないでしょう。解散から半世紀弱を過ぎた今も、色褪せるどころか輝きを増し続けるポップのマスターピースたちの大半がこの2人の手から生まれ落ち、愛され続けているという事実は揺るぎないものがあります。

そんなレノン・マッカートニーの楽曲たちが文字通り時を超えて愛されるのには、理由があります。表現の学校では、これまたビートルズを愛してやまないボサノヴァ・ギタリスト/プロデューサーの伊藤ゴローさんに、その理由を全2回に渡り紐解いていただくことになりました。1回はジョンについて、そしてもう1回はポールについて。どなたでも楽しみつつその魅力に迫れるよう、平易なことばでわかりやすく解説してくださいます。21世紀の日本が誇る希代のポップ・プロデューサーによる、20世紀を代表するポップ・ミュージックの秘密の帳を開く二夜。どうぞ夏の夜の夢よろしく、存分に酔いしれてください。

【表現の学校「ハード・(フライ)デイズ・ナイト〜/全2回」】
講師:伊藤ゴロー
日程:1限目:2016年8月12日(金)、2限目:2016年8月26日(金)
時間:19:00〜21:00
受講料:10,800円(税込/別途1ドリンクをご注文いただきます)
定員:12名
受講対象者:音楽理論に興味のある方、ビートルズに興味のある方
教室:本とコーヒー(東京都調布市菊野台1-17-5 1階)
お問い合わせ先:tel.042-444-5367
お申し込み方法:8月1日(月)正午より、こちらのフォームにてお申込み受付を開始いたします。
お申込みいただいた方には、3日以内にメールにてご連絡を差し上げます。
内容:ビートルズのソングライティングの中核を担うジョン・レノンとポール・マッカートニーの楽曲の魅力を、各1回ずつに分けてメロディ、リズム、互いが織りなす駆け引きが生み出す魅力的な緊張関係を、音楽理論や史実、エピソードなどをベースにしながら解説してゆきます。