“TZBOLABO” 2018 アレンジとプロデュースの落とし所-Goro Ito

12 Oct, 2018

2018年、5年目を迎えるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」今年は真夏の8月から始まります。

2014 「坪口昌恭の音楽形成ショウケース」、
2015 「今ジャズ分析」、
2016 TowerRecords音楽誌「intoxicate」での楽曲分析コラム、
2017 自分が影響を受けてきた音楽の重要項目に再度向き合い、分析して参りました。
2018 “異種混合/生演奏増量”という方針を掲げて、それらのスペシャリストを年間6名お招きし、
エピソードを交えながら分析してゆきます。
実際に音源を聴いたり実演しながら、ジャンルを横断した表現の魅力を解き明かしてゆければと思います。

10月12日(金)
http://www.velvetsun.jp/new-events/2018/10/12/1012-tzbolabo-2018-goro-ito
TZBOLABO” 2018 アレンジとプロデュースの落とし所-Goro Ito

【出演】坪口昌恭・伊藤ゴロー(ギタリスト/作編曲家)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】¥2,500+税(1ドリンク別)

■今後のスケジュール(予定)
第4回・11月9日(金) ポスト・ダブステップ—-大井一彌 Kazuya Oi(ドラマー)
第5回・12月14日(金) ジャズ・イノベイター分析—-村井康司 Koji Murai(ジャズ評論家)
第6回・2019年1月11日(金) バリーハリス・メソッドVSバークリー・メソッド—-三木俊雄 Toshio Miki(ジャズサックス奏者)
2018年8月より毎月1回、基本第2金曜日全6回を予定
※出演者の都合で変更する場合がありますので、Webサイトその他で随時告知いたします。