• 伊藤ゴロー  GORO ITO

    作曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、プロデューサー。
    
布施尚美とのボサノヴァ・デュオnaomi & goroの活動、原田知世、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏他との共演や、映画・ドラマ音楽なども手がける。2014年リリースのジャキス・モレレンバウム+伊藤ゴロー『RENDEZ-VOUS IN TOKYO』が2015年ブラジルディスク大賞2位を受賞。2016年『PAPERSKY No.50』でブラジルのリオ・デ・ジャネイロ「ボサノヴァと珈琲の特集」でリオを紹介。

    主なプロデュース作品はPenguin Cafe Orchestra『tribute』『best』、原田知世『恋愛小説2〜若葉の頃』『恋愛小説』『noon moon』『eyja』『music & me』、ボサノヴァの名盤「GETZ/GILBERTO」誕生から50年を記念したトリビュート盤『ゲッツ/ジルベルト + 50』(2013年ブラジルディスク大賞受賞)など多数。

    映画『雪に願うこと』(根岸吉太郎監督。第18回東京国際映画祭コンペティション部門グランプリ受賞作品)、ABUアジア子どもドラマシリーズテレビドラマ「おばけなんてないさ」(NHK教育テレビ)劇伴担当や、2011年、青森県立美術館 5 周年を記念した『芸術の青森展』に「TONE_POEM 青の記憶 サウンド・インスタレーション」で参加。また2012 年同館で開催された夏の企画展『Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語』のサウンドトラック、多摩美術大学での特別講義 「伊藤ゴロー『グラスハウスの音楽』―作曲、音響、演奏について」などを行う。
    2011年より原田知世と歌と朗読の会「on-doc.(オンドク)」で全国ツアーを、2012年より詩人の平出隆とTone Poetryを開始、エイベックスクラシックスよりリリースのクラシックコンピの監修など、多岐にわたる活動を展開している。

    itogoro_thumbnail

    banner-aer

2015年
1月 アコースティックギターマガジンvol.63「リズムの鉄人」ボサノヴァの鉄人でリズム解説を行う(紙面とWEB動画の連動企画)。
3月 原田知世『恋愛小説』リリース。 フジテレビ「ヨルタモリ」の「音楽世界紀行」のコーナーでアントニオ・カズヨシ・ジョピンと再び共演。ヤマハ銀座サロンにて伊藤ゴローボサノヴァギターワークショップvol.3開催。
4月 NHK特集ドラマ「紅雲町珈琲屋こよみ」劇伴担当。

2014年
5月 原田知世『noon moon』リリース、全国ツアー開始。
8月 ブルーノート東京でジャケス・モレレンバウム、パウラ・モレレンバウム&伊藤ゴローコンサートを行う。
9月 原田知世 BLUE NOTE TOKYO LIVE。
11月16日フジテレビ「ヨルタモリ」の「音楽世界紀行」のコーナーでアントニオ・カズヨシ・ジョピンと共演。
11月19日 VERVE/UNIVERSALより伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム『RENDEZ-VOUS IN TOKYO』をリリース、2015年にブラジルディスク大賞2位を受賞。

2013年
3月 naomi & goro 10作目となるアルバム『CAFÉ BLEU SOLID BOND』をリリース。 5月にビルボードライブ東京でリリース記念ライブを行う。6月Verve / ユニバーサルよりリリースの『ゲッツ/ジルベルト+50』のアルバムプロデュース、アレンジ、演奏を担当。このアルバムは、ボサ・ノヴァの永遠の名盤『GETZ/GILBERTO』誕生から50年を記念したトリビュート盤で 
Vocal: 土岐麻子、布施尚美(naomi & goro)、細野晴臣、坂本美雨、カヒミ・カリィ、TOKU、原田知世、沖樹莉亜 
Tenor Saxophone: 菊地成孔、清水靖晃 Piano: 山下洋輔、坪口昌恭、坂本龍一
Cello: ジャキス・モレレンバウム Bass: 鈴木正人、秋田ゴールドマン
Drums: 栗原 務、みどりんといった総勢19名の豪華ミュージシャンが集結。
7 月リリー ス久保田利伸『Parallel World II KUBOSSA』収録「Corcovado」「The Shadow Of Your Smile」にアレンジ、ストリングスアレンジと演奏で「Heavenly Lady」に演奏で参加。
ミナ・ペルホネン(minä perhonen)「2013–2014→ Autumn / Winter Collection 発光」用に楽曲『発光』を書下し。
9月、エイベックス・クラシックスより、企画監修選曲したクラシックコンピレーションCD CAFÉ CLASSICS “MUSICA BOTANICA” -『TROPISM』『LUMINESCENCE』を2枚同時リリース。
11月シングル『POSTLUDiUM EP』、12月3rdソロアルバム『POSTLUDiUM』をリリース。
12月21日 細野晴臣×坂本龍一 EX THEATER にゲスト出演。
12月26日 坂本龍一 “Playing the Piano 2013〜「こどもの音楽再生基金」の為に〜” ゲスト出演。

2012年
4月に2年ぶりとなるソロアルバム『GLASHAUS(グラスハウス)』をリリース。ジャス、クラシック、ブラジル音楽を基調に、クラシックギターの演奏を軸にのぞんだインストゥルメンタル作品集で、リオと東京で録音。ジャキス・モレレンバウム(チェロ)やアンドレ・メマーリ(ピアノ)らが参加。
7月、多摩美術大学で、21世紀文化論 2012年度 第4回講座 「伊藤ゴロー『グラスハウスの音楽』――作曲、音響、演奏について」 聞き手:平出隆(詩人・多摩美術大学教授)を行う。
青森県立美術館夏の企画展《Art And Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語》のサウンドトラックも担当し、P-Vine Booksよりオリジナルサウンドトラック付の展覧会カタログをリリース。
12月草月ホールで『伊藤ゴロー with ジャキス・モレレンバウム スペシャル・デュオ・コンサート』を開催。

2011年
naomi & goro & 菊地成孔名義で『calendula』をリリースしヒットを記録。また、青森県立美術館にてサウンド・インスタレーション「TONE_POEM」の発表や「方言を使った作曲」のワークショプ、原田知世との歌と朗読の会「on-doc.(オンドク)」を開始。

2010年
9月29日、伊藤ゴロー名義で初のロックアルバム『Cloud Happiness』をリリース。日本とロンドンで録音し、ゲストに高橋幸宏、ショーン・オヘイガン、ヴァルゲイル・シガードソンが参加。ジョン・レノン、ビートルズ、オーティス・レディングなどルーツミュージックにオマージュを捧げるロックアルバム。
9月4日、目黒パーシモン小ホールでnaomi & goro初のホールワンマンライブ。チケットはソールドアウト。菊地成孔がゲスト参加。
5月6日 から鹿児島テレビ「ナマイキ・VOICE」用に書き下ろしたオープニングテーマ『レモン』オンエア開始。ヴォーカルは原田知世、映像はBluemarkが担当。
5月3日 菊地成孔オーガナイズのイベントJ-WAVE presents TOKYO M.A.P.S.にnaomi & goroで出演。菊地成孔と3曲共演する。NHK FMサウンドクリエイターズファイルー菊地成孔ー にもゲスト出演し、Desafinadoなど3曲を共演
4月30日 naomi & goro ソウルMAPO Art Centreで「Bossa Nova Songbook 2」リリースライブ。韓国ではnaomi & goro初のワンマンライブでチケットソールドアウトの大成功をおさめる。スペシャルゲストとして韓国の人気ボーカルグループSweet SorrowからSONさん、シンガーソングライターRuvinさんと共演、滞在中にライブで共演した曲のレコーディングも行なう。韓国STOMP MUSICから8月4日配信でリリース。
1月〜4月、原田知世eyjaツアー

2009年
11月よりソロアルバムレコーディングを開始。
10月21日naomi & goro 「passagem」原田知世「eyja」リリース。
10月naomi & goroで”Grand Mint Festival(韓国ソウル)” “BOSSA AOYAMA 2009” “もみじ市“に出演。7月8日naomi & goro「Bossa Nova Songbook 2」リリース。
6月〜8月、原田知世アルバム「eyja」制作。日本とアイスランドでレコーディング。5月に再び細野晴臣「デイジーワールドの集い」に出演、細野&ゴローでJ-POPの作曲についてのトークショーを行い、ジョアンドナートの「O SAPO」を演奏。年初に出演した細野晴臣のラジオ番組と、このライブでのトークをまとめた物が「細野晴臣×伊藤ゴロー LOVE! BOSSA NOVA対談」として、commmonsサイトに掲載される。
naomi & goro 2月末〜4月にかけて、ブラジルのリオデジャネイロでアルバム「Bossa Nova Songbook 2」「passagem」をブラジルのミュージシャンとレコーディング。ゲストでピアノに坂本龍一、チェロにジャキス・モレレンバウムが参加。細野晴臣がDJを務めるラジオ番組「DAISY HOLIDAY」にゲスト出演。
2月イギリスのバンド、ハイラマズ来日、リーダー ショーン・オヘイガンのソロイベントに伊藤ゴローソロで出演。
1月細野晴臣「デイジーワールド新春の集い」に久しぶりの伊藤ゴローソロで参加。

2008年
原田知世 music & me全国ツアー。
文化放送デジタルラジオ「ボサノヴァの時間」のコーナーを担当。SONY 一眼レフカメラ「α350」TVCM用の曲を書き下ろし、3月よりオンエア。NHKにて原田知世、鈴木慶一、伊藤ゴロー出演の「Life & Live」初回放送。
富士西湖キャンプ場PICAで行われたニーハイメディ主催の親子イベント「manmoth pow-wow」に出演。
naomi & goro ボサノヴァ50周年を記念した6枚目のアルバムBossa Nova Songbook 1をcommmonsよりリリース。坂本龍一がピアノで参加。リリースに合わせて全国34カ所ツアーを開始。
NHK教育テレビ「おばけなんてないさ」放送。全曲書き下ろし。
naomi & goro 高橋幸宏×信藤三雄プロデュースの野外イベント「WORLD HAPPINESS」に出演。
ジョアン・ジルベルトのライブに合わせて初めてのブラジル、リオデジャネイロへ。
naomi & goro 青山にて行われた駐日ブラジル大使館主催、日伯交流100周年・ボサノヴァ生誕50周年公式イベント「BOSSA 2008 in 青山・神宮前」に出演。
naomi & goro韓国ツアー 韓国ソウルのOLYMPIC PARKで行われる野外イベント「grandmint festival」にも出演。
伊藤ゴロープロデュース もみじ市のイメージアルバム旅と音楽とリリース。
青柳拓次と伊藤ゴローとのユニットTAKU & GOROアルバムRadio Indigoリリース。

2007年
naomi & goro アントニオ・カルロス・ジョビン生誕80周年記念アルバム Nosso Tomに『イパネマの娘』のカバーで参加。
原宿クエストホールにてMOOSE HILL 2ndアルバムdesert houseリリースワンマンライブを行う。原田知世がゲスト出演。
青柳拓次と伊藤ゴローのユニット「TAKU & GORO」レコーディング。御三家でアルバム録音のため上海へ。
伊藤ゴローnaomi & goroで、Bunkamuraオーチャードホール、,5月15日埼玉芸術劇場で行われた坂本龍一主催の「ロハス・クラシック・コンサート2007」に出演。
KAMA AINA / 高田漣 / MOOSE HILL「上海」リリース。
「きっかけはフジテレビ」キャンペーン5周年を記念して作られた、長澤雅彦監督による2本のショートムービ「identify」「metamorphosis」の挿入歌、劇中音楽を制作。
坂本龍一氏のレーベルcommmons (コモンズ) より、自身企画&プロデュースのペンギン・カフェ・オーケストラ「tribute」「best」をリリース。トリビュート盤には坂本龍一高橋幸宏、スティーヴ・ジャンセン、高野寛などが参加。
フランスのAVANT POP UNIT 「MAN」とのコラボレーションアルバムMOOSE HILL & MANを日本、フランスで同時リリース。プロデュースを担当した原田知世25周年記念アルバムmusic & meリリース。music & meリリース記念全国ツアーに、バンマス&ギタリストとして参加。

2006年
御三家でアルバム録音のためハワイ島へ。
naomi & goro でKTS鹿児島テレビ「ナマ・イキVOICE」のテーマソングを書き下ろし。
naomi & goro POPSカバーアルバムHOMEリリース。
雪に願うことオリジナルサウンドトラックリリース。
Rainbow Hawaiiリリース。
naomi & goro「P.S.I Forgot」リリース。
MOOSE HILL 2ndアルバムdesert houseリリース。原田知世がゲストヴォーカルで2曲参加。青森県弘前市で行なわれた奈良美智「A to Z」、代々木上原ファイアーキングカフェ、香川県猪熊弦一郎現代美術館内CAFE MIMOCA「SKY vol.3」、とライブを行う。
10月、4月にリリースしたアルバムHOMEを韓国のSTOMP MUSICよりリリース、韓国のテレビ局EBSのライブ番組「space」、MBCのライブ番組「for you」へ出演。

2005年
KAMA AINA (青柳拓次)、高田漣MOOSE HILL (伊藤ゴロー): 通称「御三家」で、アルバム制作のためハワイ・オアフ島へ。
TAKAGI KAZUE & MOOSE HILLスウェーデン、ストックホルムのソドラ劇場「TOKYO SOUND REVOLUTION」に出演。
KAMA AINA、高田漣、MOOSE HILL HAWAII , HAWAIIリリース。
MOOSE HILL F.E.A.soundtrack vol.2 〜TWO MOONS〜リリース。ファーストアルバムwolf songbook of daysをDRY & HEAVYの外池氏がリミックス。
劇場映画音楽を初担当した映画「雪に願うこと」 (監督: 根岸吉太郎、出演: 伊勢谷友介、佐藤浩市、小泉今日子、吹石一恵 他) が第18回東京国際映画祭でグランプリ、監督賞、最優秀男優賞、観客賞の4冠を受賞。

2004年
キセルのアルバム「窓に地球」の「海ねこと定食屋」「町医者」でギターを演奏。
TAKAGI KAZUE & MOOSE HILL “THE RUSTLE“ Release Tour
目黒CLASKA 1F THE LOBBY、大阪・noon、姫路・LOSS、岡山・サウダーヂな夜、尾道・向島洋らんセンター
キセル「窓に地球」リリースツアーにギタリストとして参加
名古屋ボトムライン、京都教育文化センター、金沢vanvanV4、広島ナミキジャンクション 、大阪RAINDOGS、札幌KRAPS HALL、仙台MACANA、福岡ビブレホール、東京九段会館
MOOSE HILL 2004 夏 関西ツアー 向島洋らんセンター ~MICE PARADE & HIM japan tour 2004 IN 尾道~
出演: MICE PARADE、HIM、MOOSE HILL 、キセル、
京都cafe Independants 出演: MOOSE HILL 、キセル
神戸・ROUGHRARE 出演: MOOSE HILL 、キセル
naomi & goro アルバムBON BONリリース。
naomi & goro BON BON リリースツアー
タワーレコード小田原店、ヒルトン小田原リゾート&スパ、富山KAKI工房「Life Is Beautiful」、金沢Rallye、新宿タワーレコード インストアライブ、山形テルサ、恵比寿ガーデンプレイス グラススクエアTOKYO BOSSA NOVA、横浜高島屋&新星堂横浜ジョイナス合同企画インストアライブ、motion blue横浜、池袋サンシャインシティ 2004 楽器フェア、下高井戸 真太 with ケータリングユニット GOMA
原田郁子アルバムピアノに「鳥の羽 鳥の影」楽曲提供。
親子向け知育CDドレミでうたおうに原田郁子&MOOSE HILL「do re mi fa song」で参加。
MOOSE HILL [metro go round] パリのマドレーヌにある資生堂LA BEAUTEで2004/12~2005/3/31まで行われたエドツワキのエキスポ「magical merry-go-round」用にサウンドトラック[metro go round]を書き下ろし。
MOOSE HILL “IDEE SHOP MAISON DU VERT” クリスマスライブ。

2003年
Rolling Stones来日記念トリビュートアルバムIT’S ONLY ROCK’N ROLL BUT WE LIKE ITにRAM (world standard + kama aina + MOOSE HILL) で参加。「She’s a rainbow」をカヴァー。
青山スパイラルレコーズのレーベルfarloveよりリリースのbook of days / V.A高木一江 & MOOSE HILLで参加。
naomi & goro JAL SAUDE! SAUDADE BOSSA NOVA NIGHTに出演。
naomi & goro ジョアン・ジルベルト初来日記念盤Felicidade -A Tribute to Joao Gilbertoに『isaura』のカバーで参加。
MOOSE HILL 青山 IDEE SHOP Pacific コンセプトワーク「IVY 夏の手紙 3つのクロニクル」に出演。
naomi & goro ボサノヴァ・クリスマス・アルバムPresente de Natalリリース。
farloveよりTAKAGI KAZUE & MOOSE HILLのアルバムTHE RUSTLEリリース。

2002年
布施尚美とのボサノヴァ・デュオnaomi & goro ファーストアルバム turn turn turnリリース

2001年
ギタリスト宮野弘紀とのギターデュオ「sabado (サバド) 」でV.A. CHROMOLITE (クロモリット) に「Jonathan」「Le Papillon」の2曲で参加。
MOOSE HILL 1st CD wolf songリリース。
下北沢のcicoute caféにてMOOSE HILL初ライブ。ギター: 伊藤ゴロー、青柳拓次、アイリッシュハープ: 吉野友加、ドラム: 伊藤葉子

2000年
V.A. KaleidometricsMOOSE HILL名義で初参加。

1999年
ヴォーカルTOYONO、パーカッショニスト安井源之新、ギタリスト伊藤ゴローのバンド「Espirito」でアルバムSerafimをリリース。ブラジル・ディスク大賞受賞。