AMOROZSOFIA -ABSTRACT JOÃO-
ティザー映像公開!

伊藤ゴロー アンサンブル

1958年にアントニオ・カルロス・ジョビンとともにボサノヴァを生み出し、以降、生涯にわたりボサノヴァを追求し続けた孤高のアーティスト、ジョアン・ジルベルト(1931~2019)。晩年は3度にわたる来日公演で日本の音楽ファンを大いに魅了した。

そんなジョアンの90回目の誕生日(6月10日)に合わせて、伊藤ゴロー アンサンブルによるトリビュート・アルバム『アモローゾフィア ~アブストラクト・ジョアン~』。

書き下ろしの組曲「アモローゾフィア」(編成違いの2ヴァージョン収録)と「Preludium」、「The end of February」そして、ジョアンのレパートリーとして有名な「WAVE」、「三月の水」、「ESTATE」を新たにオーケストラ編曲し、オーケストラ・アンサンブルで披露した世界的にも他に例のないユニークなトリビュート・アルバム。

単なる心地よさだけではない、ボサノヴァの奥深さを知ることができる作品となっている。

このティザー映像は、伊藤ゴロー本人が編集を行っている。