《クリスタル・ケージ・カレッジ》第4回

20 Feb, 2016

駅カフェでゼミナール
音楽・ことばを考える時間

宮田茂樹(音楽) × 平出隆(体育)× 伊藤ゴロー(音楽)

詩人で造本家の平出隆と
ギタリストで作曲家の伊藤ゴローを軸にして、
国立にミニマルカレッジが開校。

その名は《クリスタル・ケージ・カレッジ》、略称CCC。

本に囲まれ、PAPERWALL CAFE 濱崎晃次シェフによる 特別料理を味わいながら、
美術、音楽、言葉を中心に、
世界のさまざまな美しいもの、透明なものについて、
静かに考える時間をどうぞ。
_____________________________________________________
第4回 テーマ

小講義 宮田茂樹 「音の来し方行く末」

小講義 伊藤ゴロー「1978」 生演奏

小講義 平出隆 「ベースボールの詩学」再説

軽食 未定 決まり次第ご案内いたします。
( 2杯目以降のドリンクおよびサイドメニューはキャッシュオンで販売いたします。)

TonePoetry

質疑応答

放課後:本・CDの販売およびサイン会

_____________________________________________________

会場:PAPERWALL CAFE nonowa 国立店
日時:2月20日(土)18:30~20:30 (開場18:00)
料金:3,500円(税込) [受講料2,300円+軽食+1ドリンク1,200円]
定員:30名

ご参加のお申込み、お問合せはお電話、メール、店頭にて承ります。
また、参加の受付は定員に達し次第締切りとさせていただきます。ご了承下さい。

参加お問合せ・お申込み
PAPERWALL CAFE nonowa 国立店
Tel:042-843-0261
Pw.n.kunitachi@orionshobo.com

主催:オリオン書房・PAPERWALL・PAPERWALL CAFE
制作:333DISCS
協力:Tokyo Publishing House

_____________________________________________________
ゲスト講師 宮田茂樹
1949年東京生まれ。世田谷在住。東京大学文学部言語学科卒。RCA(RVC株式会社)に就職しハウス・プロデューサーとして大貫妙子、竹内まりや、EPO、ムーンライダーズの制作にたずさわる。1984年坂本龍一と共にインディペンデント・レコード会社MIDIを設立。1991年小野リサの成功を機に同社の株を売却し、以降はブラジル音楽のリリースを中心とした、お一人様レーベルでお気楽な生活を送る。2003年ジョアン・ジルベルトの初来日にたずさわり、CD『ジョアン・ジルベルト・イン・トウキョウ』のプロデュース。最新作は2012年発売のトニーニョ・オルタ『ミナス=トウキヨウ』