V.A.

GETZ/GILBERTO+50

Jun 19, 2013

Verve / Universal Music


Buy from Amazon.co.jp

GETZ_GILBERTO+50

ボサ・ノヴァの永遠の名盤『GETZ/GILBERTO』誕生から50年。
伊藤ゴローを中心に、総勢19名の豪華ミュージシャンが愛を込めてカヴァー。

『ゲッツ/ジルベルト+50』
Produced by 伊藤ゴロー
2013年6月19日発売
UCCJ-2110 ¥3,059(tax in) 
Verve/Universal Music

●ジャズ・サックス奏者スタン・ゲッツが、ブラジルのジョアン・ジルベルトとアントニオ・カルロス・ジョビンと出会い、1963年に録音したアルバム『ゲッツ/ジルベルト』。
●「ボサ・ノヴァ」という音楽ジャンルを世界に知らしめた記念碑的作品であり、現在も多くのリスナーから愛される名盤の誕生から50年目に捧げる、日本発・全曲新録のトリビュート・アルバムです。
●プロデュース/アレンジは、naomi & goro名義の新作『CAFÉ BLEU SOLID BOND』が話題を集めている、ジョアン・ジルベルト直系のボサ・ノヴァ・ギタリスト、伊藤ゴローが担当。
●『ゲッツ/ジルベルト』を愛する総勢19名の豪華ミュージシャンがジャンルを超えて集結し、オリジナル・アルバム収録曲8曲を丸ごとカヴァー。さらに、「イパネマの娘」の珍しい日本語ヴァージョンをボーナス・トラックとして収録。
●アルバム・ジャケットには、オリジナル盤ジャケットを飾ったイラストと同じ、プエルトリコの画家オルガ・アルビズの作品「Radiante (光・輝き)」(1967年作)を採用。

<パウラ・モレレンバウムからのコメント>
私は以前からゴローのアルバムを聴いて、素晴らしい作曲家であることも知っていましたが、中でも深く印象に残っているのはゴローがプロデュースし、ジャキスも1曲に参加した「GETZ/GILBERTO+50」です。このアルバムにはブラジルの魂がとても自然にこめられていて、そこに深く感動しました。

収録曲/参加ミュージシャン

1. イパネマの娘 The Girl From Ipanema
Lyrics: Vinicius de Moraes / English Lyrics: Norman Gimbel / Music: Antonio Carlos Jobim
○土岐麻子(vo) 菊地成孔(ts) 山下洋輔(p) 鈴木正人(b) 栗原 務(ds) 伊藤ゴロー(g)

2. ドラリッシ Doralice
Lyrics & Music: Antônio Almeida/Dorival Caymmi
○布施尚美(naomi & goro) (vo) 菊地成孔(ts) 坪口昌恭(p) 秋田ゴールドマン(b) みどりん(ds) 伊藤ゴロー(g)

3. プラ・マシュカール・メウ・コラソン Pra Machucar Meu Coração
Lyrics & Music: Ary Barroso
○細野晴臣(vo,) 清水靖晃(ts) 坂本龍一(p) 伊藤ゴロー(g) 

4. デサフィナード Desafinado
Lyrics: Newton Mendonça / English Lyrics: Gene Lees / Music: Antonio Carlos Jobim
○坂本美雨(vo) 清水靖晃(ts) 山下洋輔(p) 鈴木正人(b) 栗原 務(ds) 伊藤ゴロー(g)

5. コルコヴァード Corcovado
Lyrics & Music: Antonio Carlos Jobim / English Lyrics: Gene Lees
○カヒミ・カリィ(vo) 清水靖晃(ts) 坪口昌恭(p) 鈴木正人(b) 栗原 務(ds) 伊藤ゴロー(g)

6. ソ・ダンソ・サンバ Só Danço Samba
Lyrics: Vinicius de Moraes / Music: Antonio Carlos Jobim
○TOKU(vo) 菊地成孔(ts) 坪口昌恭(p) 秋田ゴールドマン(b) みどりん(ds) 伊藤ゴロー(g)

7. オ・グランジ・アモール O Grande Amor
Music: Antonio Carlos Jobim
○ジャキス・モレレンバウム(cello) 坂本龍一(p) 鈴木正人(b) 伊藤ゴロー(g)

8. ヴィヴォ・ソニャンド Vivo Sonhando
Lyrics & Music: Antonio Carlos Jobim / English Lyrics: Gene Lees
○原田知世(vo) 坪口昌恭(p) 秋田ゴールドマン(b) みどりん(ds) 伊藤ゴロー(g)

Bonus Track:
9. イパネマの娘(日本語ヴァージョン) The Girl From Ipanema (Japanese Version)
Japanese Lyrics: 保富庚午
○沖 樹莉亜(vo)


Produced by 伊藤ゴロー
Associate Producer: 中原 仁  
2013年1月~4月録音

<プレス・リリース 〜 中原 仁>
 1963年3月、テナー・サックス奏者のスタン・ゲッツがジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンらブラジル人の音楽家をニューヨークのスタジオに迎えて録音したアルバム『ゲッツ/ジルベルト』は、翌年に発売されて全米アルバム・チャートで最高2位を記録した。当時のジョアンの妻、アストラッド・ジルベルトが参加した「イパネマの娘」のシングル盤も大ヒット。64年度のグラミーで「アルバム・オブ・ザ・イヤー」をはじめ4部門を受賞し、世界的なボサ・ノヴァ・ブームを巻き起こすこととなった。

 ジャズ、ブラジル音楽といった枠を越え、20世紀のポピュラー・ミュージックを代表する永遠の名盤として今も愛され続けている『ゲッツ/ジルベルト』。録音から50年を迎えた2013年、このアルバムを愛する日本の音楽家たちが集まって制作したトリビュート・アルバムが『GETZ/GILBERTO+50 (読み方:ゲッツ/ジルベルト・プラス・フィフティ)』。オリジナル盤の曲順にそって全8曲+ボーナス・トラックを新たに録音した。
 
音楽プロデューサーはボサ・ノヴァ・ギターの第一人者であり、ポップスから映画音楽までマルチに活躍しているサウンド・クリエイター、伊藤ゴロー。彼のギターとアレンジが全体の骨格となり、そこにブラジル音楽やジャズだけでなくさまざまな分野の第一線で活躍している歌手と演奏家を迎え、自由な発想と解釈で『ゲッツ/ジルベルト』にオマージュすることを念頭において制作した。ジャンルや世代を越えて集合した多彩な音楽家たちを、パート別、登場順に紹介していこう。
伊藤ゴローと共にリズム・セクションをつとめたのは、リトル・クリーチャーズのメンバーでもある鈴木正人(ベース)、栗原務(ドラムス)。そしてSOIL & "PIMP" SESSIONSのメンバーでもある秋田ゴールドマン(ベース)、みどりん(ドラムス)。この2チームの顔ぶれからも、本作が一般的な "ボサ・ノヴァのカヴァー・アルバム" とは発想を異にしていることが分かると思う。
ピアノは、山下洋輔、坪口昌恭、坂本龍一。
テナー・サックスは、菊地成孔、清水靖晃。
そしてヴォーカルは、土岐麻子、布施尚美(naomi & goro)、細野晴臣、坂本美雨、カヒミ・カリィ、TOKU、原田知世。ボーナス・トラック(「イパネマの娘」の日本語ヴァージョン。出典はアストラッド・ジルベルトの幻の作品『ゴールデン・ジャパニーズ・アルバム』)に沖樹莉亜。
さらにもう一人、"楽器で歌う" ソリストをブラジルから迎えた。故アントニオ・カルロス・ジョビンのバンドのメンバーでもあった、チェロ奏者のジャキス・モレレンバウム。
 
伊藤ゴローを中心に豪華かつ多彩な歌手と演奏家たちが集い、2013年の東京を発想の原点として『ゲッツ/ジルベルト』にオマージュした『ゲッツ/ジルベルト+50』。ジャケットを彩る絵は『ゲッツ/ジルベルト』と同じく、プエルトリコ出身の女性画家オルガ・アルビズ(1924~2005)の作品である。