Moon

Kiss Me

Feb 7, 2018

Verve / Universal


Buy from Amazon.co.jp

韓国 No.1の人気ジャジー・ポップ・ユニット WINTERPLAYの歌姫として人気を博し、現在ソロ活動中のヘウォン(Haewon Moon)が、Moon 名義でソロ・デビュー。
伊藤ゴロー・プロデュース。

<収録曲>
01. THE APRIL FOOLS (HalDavid,BurtBacharach)
02. BRAZASIA
(Tracy Mann, Oscar Castro Neves, Yutaka Yokokura)
03. KISS OF LIFE (SadeAdu,StuartMatthewman,AndrewHale,PaulSpencerDenman)
04. QUANDO, QUANDO, QUANDO
(Tony Reis, Alberto Test, Pat Boone)
05. KISS ME
(Matt Slocum)
06. IN A SENTIMENTAL MOOD
(Manny Kurtz, Irving Mills, Duke Ellington)
07. SPEAK LOW
(Jacques Plante, Ogden Nash, Kurt Weill)
08. SOMETHING STUPID duet with TOKU
09. PRIVATE EYES
(Daryl Hall, Sara Allen, Janna Allen, Warren Pash)
10. 絆 KIZUNA (슬픈 인연)
(阿木燿子, 宇崎竜童)

Produced by 伊藤ゴロー
All Songs Arranged by 伊藤ゴロー
(except track 6, 10)
track 6 by 小沼ようすけ
track 10 by ハクエイ・キム

Recorded at STUDIO Dede, Universal Music Studios Tokyo
Recorded & Mixed by 檜谷瞬六
Mastered by 吉川昭仁 at Dede AIR

Moon
1984年11月15日、韓国・全州市生まれ。幼少時より、両親がかけるクラシック音楽や70-80年代のポップスに触れ、また母親の口ずさむ歌を聴いて育つ。そう した音楽環境により、自然とプロのシンガーを夢見るようになる。
中学生のころには本格的にシンガーを目指すようになり、国内の音楽事務所のオーディションを受け、見事合格し研修生となる。2年後、TV番組「Achieve the goal Saturday-Akdong club」のオーディションにて優勝し、ガール・グループのメンバーとなる準備に入る。それからさらに約2年のトレーニング期間を経て、 2013年大学に入学。
大学で声楽科を専攻したところ、そのカリキュラム全般はジャズで構成されていた。そこで初めてジャズを歌い、ジャズという音楽に魅せられていく。特に魅了されたのは、エラ・フィッツジェラルドが歌う「トゥー・ダーン・ホット」(コール・ポーター作詞作曲)。最初はこの曲をいかに上手く歌えるようになるかということが彼女の 目標だったが、そのうちジュリー・ロンドンやハリー・コニック・ジュニア、ジョン・ピザレリ、カート・エリングなど、多くのジャズ・ヴォーカリストの音楽と出会う。一方で、 ガール・グループのプロジェクトは立ち消えとなり、それ以降はジャズを歌うことに集中するようになり、ジャズ・クラブで歌いはじめる。
2007年、トランペッターのジュハン・リーに誘われて、のちにWINTERPLAYとなるジャジー・ポップ・グループに参加する。WINTERPLAYは同年、アルバム『Choco Snow Ball』でデビュー。2009年には日本デビュー盤『Songs of Colored Love』をリリース。このアルバムは、世界26か国でも発売され、2010年にはロンドンでショウケース・ライヴも開催した。
2011年と2014年には、韓国のジャズ雑誌「Jazz People」の読者投票にて、最優秀ヴォーカリストに選出される。また、WINTERPLAYとしては、アルバム『Hot Summer Play』と『Sunshines』の2作品がジャズ部門でゴールド・ディスクを獲得するヒットに。
WINTERPLAY在籍時の最後のアルバムとなった2013年発表の『Two Fabulous Fools』は、韓国のみならず、香港、中国、台湾、マカオ、タイ、シンガポール、インドネシアでリリース。2013年には香港のTV音楽番組『Jade Solid Gold』に、2014年にはバンコクのジャズ・フェスティヴァル「the sky jazz: a tribute to king」に招 かれるなど、アジアを股にかけて活躍。2016年末、WINTERPLAYを脱退。2017年初めより、ソロ・シンガーとしての活動を開始し、他のアーティストの作品やライヴにヴォーカルとして参加。だが、かねてから日本での活動を夢見ていたため、日本の制作チームとソロ・アルバムのプロジェクトをスタート。そしてついに、アルバム『Kiss Me』で、その夢を実現させる。

<参加ミュージシャン>
Moon - vocals
伊藤ゴロー - classical, acoustic & electric guitars, keyboards, programming
佐藤浩一 - acoustic piano, Fender Rhodes (track 1, 2, 4, 5, 7, 8)
坪口昌恭 - acoustic piano, Fender Rhodes (track 3, 9)
鳥越啓介 -acousticbass(track1,3,4,8)
ジョルジ・エルデル – acoustic & electric bass (track 2, 7, 9)
みどりん (SOIL&"PIMP"SESSIONS) - drums (track 1, 3, 4, 8)
ハファエル・バラータ – drums, percussion (track 2, 7, 9)

Guests:
太田 剣 – alto saxophone (track 1, 2)
小沼ようすけ - classical guitar (track 6)
TOKU – vocal, flugelhorn (track 8)
ハクエイ・キム – acoustic piano (track 10)